本文へスキップ

通信講座で証券外務員の

資格取得を目指す

証券外務員 合格講座

証券外務員 通信講座

銀行業務検定試験とは

■資格内容

金融機関職員の業務全般 
銀行業務の遂行に必要な実務知識や技能応用力について、その習得程度を測定する試験。受験者の大半は銀行、保険、証券などに勤務する金融関係者だが、最近ではビジネス系の専門学校生、大学生にまで広がり、受験申込者数は年間25万人を数える。


■試験内容

22系統37種の試験を実施


■試験情報
受験資格: 特に制限なし
試験種目: 法務、財務、税務、外国為替、証券、法人融資渉外、個人融資渉外、金融経済、信託実務、ファイナンシャル・アドバイザー、窓口セールス、年金アドバイザー、営業店管理、デリバティブ、融資管理、投資信託など22系統37種目 ※マークシート方式または記述式の筆記。
申込期間: 6月試験=4月上旬〜下旬、 10月試験=8月下旬〜9月上旬、3月試験=1月上旬〜下旬
試験日: 6月、10月、3月(種目・級によって異なる)
試験地: 全国主要都市 約220か所
受験料: 2,625円〜8,400円(種目・級によって異なる)
合格率: [法務]2級=19.5%、3級=29.7%、4級=71.9%(平成22年度)


■問い合わせ先
銀行業務検定協会
住所:〒162-8464 東京都新宿区市谷本村町3-21
TEL:03-3267-4821



ユーキャンの証券外務員二種講座


金融機関において、有価証券や投資信託などの販売や取引の勧誘業務を行うために必要な資格、それが証券外務員。

近年は証券会社に限らず、銀行や保険会社でも扱える金融商品が増えているので、有資格者が活躍できる場も広がっています。

ユーキャンの証券外務員二種講座の無料資料請求はこちらから