本文へスキップ

通信講座で証券外務員の

資格取得を目指す

証券外務員 合格講座

証券外務員 通信講座

貸金業務取扱主任者とは

■資格内容

貸金業者への配置を義務化 
貸金業法改正により、平成21年にスタートした国家資格。平成22年6月の完全施行以降、貸金業者には資格試験に合格し、登録を完了した貸金業務取扱主任者を所定の数だけ配置することが義務づけられた。主任者は法令を遵守して業務を適正に行うよう、従業者に助言や指導をする。


■試験内容

4科目から出題 
貸金業に関する実用的な意識を有するかどうかを判定することに基準を置いて出題される。年間受験者は約8万2,000人(平成21年度)。


■試験情報
受験資格: 特に制限なし
試験科目: (1)法及び関係法令に関すること、(2)貸付け及び貸付けに付随する取引に関する法令及び実務に関すること、(3)資金需要者等の保護に関すること、(4)財務及び会計に関すること
 ※マークシート方式の筆記試験、50問、120分
試験日: 11月下旬
試験地: 札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、京都、広島、福岡、沖縄など全国17か所
受験料: 8,500円(非課税)
合格率: 70.1%(平成21年8月)


■問い合わせ先
日本貸金業協会
住所:〒108-0074 東京都港区高輪3-19-15 二葉高輪ビル3階
TEL:03-5739-3867



ユーキャンの証券外務員二種講座


金融機関において、有価証券や投資信託などの販売や取引の勧誘業務を行うために必要な資格、それが証券外務員。

近年は証券会社に限らず、銀行や保険会社でも扱える金融商品が増えているので、有資格者が活躍できる場も広がっています。

ユーキャンの証券外務員二種講座の無料資料請求はこちらから